【誰でもできます】発信者になるための《持論化》のススメ【差別化】

LEARN

こんにちは、mioです。

コロナで、引きこもりの罪悪感が薄れています。ありがとうございます。

最近は〈発信者〉が増えましたよね。
小学生でも〈発信者〉になっているので、驚き。

とはいえ、《発信》ていざやってみようと思うとむずかしいですよね。
ぼくはこんな悩みをもっていました。

  • なにを発信したらいいか、わからない…
  • 他の人との差別化ができない…

上記のとおりです。
これらの悩みは誰でもできるカンタンな方法で解決できます。

ということで、今回は「発信者になるための《持論化》のススメ」というテーマで解説していきます。

「発信むずかしいって!」という方はぜひ参考にしてみてください。

本記事のテーマ

  • 《持論化》がオススメの3つの理由
  • 3ステップでおこなう《持論化》の技法

上記のテーマを深堀りしていきます。
汎用性が高いのでぜひ身につけてみてください。

《持論化》がオススメの3つの理由

〈発信〉をカンタンにするために《持論化》は強力です。

《持論化》ってなに?と思われるかもですね。
カンタンに言うと“経験のルール化”です。

Twitter運用のために〈ツイートを増やす〉というアクションを行なったとします。結果は、フォロワーが増加。〈ツイートを増やす〉→〈フォロワー増加〉というルールができあがります。

こういった感じで、自分のアクションからルールを作っていくのが《持論化》です。

そして《持論化》をオススメするのには3つ理由があります。

  • 誰にでもできる
  • 差別化できる
  • 〈成長度〉が2倍に

以下で詳しく見ていきましょう。

①:誰にでもできる

《持論化》は誰にでもできます。
『誰にでもできる』というのは大きなポイントです。

効果があっても「実績がないとNG!」だとあまり意味がないですね。
初心者の方でも使えるというのは大きな利点です。

  • 資金があれば可能
  • フォロワーがいれば可能
  • 専門的な知識があれば可能
ぼくは上記のようなものをたくさん見てきました。
ただ「初心者にはムリじゃん…」と感じるばかりでした。

その点、《持論化》は誰であってもできるのでオススメです。

②:差別化できる

《持論化》を使うと、差別化した発信ができます
ぼくは、はじめたての頃、こんな悩みをもっていました。

「ネタはあるけど、もう誰かが発信していることだしな…」

カンタンに言えば〈世の中にあるネタだから、意味がない〉と思っていました
しかし、《持論化》を使えばカンタンに差別化できます。

《持論化》は“自分の経験”を分析して“ルール化”するものです。

“自分の経験”は誰にもマネできませんよね。
時間も、場所も、やったことも同じなんてことはありません。

立派な〈差別点〉になります。

③:〈成長度〉が2倍に

《持論化》すると、〈成長度〉が2倍になります
どうせならサクサクと成長して次のステップに行きたいですよね。

《持論化》をすると、そのスピードが速まります。
なぜなら、《持論化》は『振り返りの技術』でもあるからです。

《持論化》は以下のように行ないます。

〈アクション〉→〈分析〉→〈ルール化〉
の3ステップです。

これ自体が『振り返り』になります。

『振り返り』をしないと、成長は遅くなります。
ぼくも、『振り返り』をしていませんでしたがNGです。

〈ツイートする〉→〈放置〉だと成長しませんよね。
〈ツイートする〉→〈分析〉→〈ルール化〉が成長の秘訣です。

《持論化》を行なって〈ルール〉を貯めていきましょう。
サクサクと成長できるようになります。

3ステップでおこなう《持論化》の技法

ここからは具体的な方法を解説していきます。
基本は3ステップです。

  1. アクション
  2. 分析
  3. ルール化

カンタンにできるので、実践してみましょう。

①:アクション

はじめに『アクション』を行ないます。
『アクション』自体はなんでもOKです。

  • 1日のツイートを増やす
  • 本を3冊読んでみる
  • 午後に10分間カラダを動かしてみる

上記のとおりです。
普段とは少し、違うことをしてみましょう。

ぼくは、こうしたアクションを〈メモ〉しています。内容、時間あたりも書き留めておくと、なおよしですね。

当たり前ですが、『アクション』を起こすことがなにより重要。
行動がないと、新しい気づきも生まれません。

②:分析

次に『分析』を行ないましょう。
先ほどの『アクション』を取り上げます。

  • 1日のツイートを増やす
  • 本を3冊読んでみる
  • 午後に10分間カラダを動かしてみる

これらのアクションによって、起こった変化を分析します。

  • 1日のツイートを増やす →フォロワーが増加 
  • 本を3冊読んでみる   →内容理解度がアップ
  • 午後に10分間カラダを動かしてみる →午後の生産性がアップ

上記のイメージです。
ちなみにこれらは、実際にぼくが行なったことです。

ポイントは“どんなに小さな変化”でも見逃さないこと。

普段と、全く変わらないなんてことはないはずです。
この小さな変化が、新しい気付きになるかもなので逃さないようにしましょう。

③:ルール化

最後に『ルール化』を行ないます。
〈持論〉として、使いやすくするためにまとめましょう。

これが、自分だけのルールになります。

  • 1日のツイートを増やす →フォロワーが増加 
  • 本を3冊読んでみる   →内容理解度がアップ
  • 午後に10分間カラダを動かしてみる →午後の生産性がアップ

《分析》によって上記のことがわかりました。
これを1つのルールにします。

  • ツイート量を増やすと、フォロワーが増える
  • 本を3冊読むと、内容理解度がアップする
  • 10分間カラダを動かすと、生産性がアップする

上記のとおりです。
これで《ルール化》は完了です。

次から〈持論〉として、使いやすくなりましたね。

補足:「なぜ?」で、ルールを強化できます

さらにルールを強化したい方は「なぜ?」を使ってみましょう。
「なぜ?」と質問をすると、新しい気付きが生まれます。

先ほどのルールを1つ使ってみましょう。

〈ツイート量を増やすと、フォロワーが増える〉というルールがありました。
「なぜ、フォロワーが増えた?」という疑問を考えてみましょう。

ぼくは以下のように考えました。

〈ツイート量を増やすと、より多くの人の目につく〉
→〈多くの人に見られると、プロフィールを見られる確率もアップする〉
→〈プロフィールを見られる確率がアップすれば、フォローされる確率もアップする〉

〈ツイートによって【露出度】が高まったから、フォローされる確率が上がった〉というルールに強化できました。

より使いやすくなりましたね。
「なぜ?」を問いかけるだけなのでオススメです。

最後に:発信はだれでもできます

さて、今回は「発信者になるための《持論化》のススメ」というテーマで解説しました。

発信者は、アクションと分析を繰り返しています。
そうやって、自分だけのルールを作り上げているんですね。

今回のまとめ

  • 発信には《持論化》が最強
  • 《持論化》は、誰にでもできる

自分だけのルールを作っていきましょう。
それを、発信すれば立派な発信者です。

アクションプラン

  • 普段とは1つだけ違う行動をしてみる
  • 分析する
  • 1つのルールにしてみる

それでは、今回はこれで以上になります。
ありがとうございました!